« クリスマスイヴ | トップページ | 年間走行距離3000キロ達成(ランニングですが) »

2009年12月26日 (土)

【書評】人並みといふこと しりあがり寿著

Shiri
著者の名前がとにかく変ですが、どうも漫画家らしいです。

サラリーマンを辞め、漫画家になってのエッセイ集といった類の本なのでありますが、その内容は、実にすばらしいものでした。
人並みというキーワードから、人並みに振り回される人間、特に日本人を暖かくも極めて冷静かつ柔らかに指弾する内容で、私の考えとかなり近く共感できるものでした。私のもっとも嫌いな言葉である「常識」と同じですが、「人並み」という曖昧かつ柔らかな言葉を選ぶあたりは、さすがです。

この方、漫画家さんなのですが、「人並み」からわかるように、とにかく言葉も文章も秀逸ですね。
特に夏のはじまりの章は感動ものです。子育て奮闘記なのですが、ゲーマーの自己満足との共存には笑えます。
まとめると核家族での個人主義的な欲望を露わにしつつ、現代社会での幸せとは何ぞやという話なんですが、そのちまちましたストーリー展開の意外さは、いわゆる大作家では書けない不思議な世界ですね。

という訳で、個人的にはバイブルとしたいほどの内容で、購入するに値するのですが、装丁がちょっと・・・なんですよね。
まあ、一度読んでみてください。

lyumo book情報はこちら

« クリスマスイヴ | トップページ | 年間走行距離3000キロ達成(ランニングですが) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

昔、しりあがり寿のマンガ「ヒゲのOL」を昔買いました(テレビで面白いと言われていてたので)。
シュールな感じ??
実家にあるかしらん・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】人並みといふこと しりあがり寿著:

« クリスマスイヴ | トップページ | 年間走行距離3000キロ達成(ランニングですが) »

★誘惑サイト★


リンク

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆